介護医療における介護ソフト「かがやきぷらん2」とは

3月 21st, 2014

日本の年代別人口構成が変化しています。少子化による若者人口の伸び悩みにより、ピラミッド化している年代別構成が公営社の長寿化により高い年齢の構成比が上がっているからです。そして日本は確実に高齢化社会を迎えているといっても過言ではないでしょう。その高齢者は加齢とともに身体に変調をきたし、歩行困難者や寝たきり老人などの方も多くなってきます。

そのような高齢者を介護する施設がこのような背景をもとに全国で急速に増えてきました。老人福祉施設やデイケアセンターなど、高齢者の状況に合わせた施設を利用し、日常生活を過ごされています。これらの施設ではケアマネージャや、介護福祉士たちが高齢者の介護の中心となって働かれていますが、介護を管理する事務的な処理においては複雑なものがあります。その介護保険請求を含む介護ソフトも効率的な処理を行う上でとても重要な存在となっています。その介護ソフトである「かがやきぷらん2」を紹介しましょう。 こちら→ http://www.kagayakiplan2.com/

介護ソフトの「かがやきぷらん2」は、NTTデータの事業者向けASP(アプリケーションサービスプロバイダー)として高い機能を誇っています。このソフトの主な機能として利用者請求書作成機能はもちろん、収納代行サービス、早期債権回収サービス、国保連伝送・審査結果取り込みサービスなど、経営の安定を図る利用者負担額の回収を金融機関に委託し、業務を軽減できるサービスなどが好評です。初期費用無料、お試し期間として最大2ヶ月が無料となっています。使用料は月額525円/人で初心者にも使い易い操作性と優れたコストパフォーマンスを提供しているかがやきぷらん2をぜひ検討されてみませんか。